「失敗しても大丈夫だと思える人が成功する」という矛盾について

 

HELLO WORLDヽ(=´▽`=)ノ

 

真里です。

 

 

自分でいうのもなんですが、私は基本的に「結果主義者」です。

 

何をするにも結果を出すことを一番に考えるし、お金を投資して学んだりスキルアップを目指すならどこが一番「結果が出やすいか?」で選びます。

 

以前の私はよく

 

結果が全てじゃない

 

という言葉を口にしていました。

 

それはもちろん、今でもそう思います。

 

なぜならば人生において最も大切なことは「プロセス(=体験)」だからです。

 

でもね、結果を出してない時の私が言ってた「結果が全てじゃない」は結果が出なかったときの為の保険のようなものだったと今では思います。

 

無意識のうちにそれを隠れ蓑(かくれみの)にしていた。

 

失敗した時に自分が傷つかないように。

 

失敗した時に人から批判を受けないように。

 

事前に予防線をはってた。

 

誤解しないで頂きたいのは、予防線をはること自体は決して悪いことじゃなくて。

 

むしろ人間としては当たり前の反応だったと私は思ってます。

 

それまで沢山傷ついて、もうこれ以上傷つくことに心が耐えられない状態だったから。

 

ただ、問題は「その在り方では成功するわけがなかった」ということ。

 

だって、そもそもスタート地点で考えてることが「成功」ではなく「失敗の回避」なんだから。

 

「考えていることが引き寄せられる」という法則の元に生きている私たちが、その考え方で成功出来る確率は限りなく低い。

 

私は手持ち数百円というレベルから「1日2時間で100万円稼ぐ」にチャレンジした時、成功について多くを学びました。

 

成功に対してコミットすることが、どういうことなのかを人生で初めて身をもって体験したんです。

 

それは

 

例えどんな手段を使ってでも、必ず結果を出す!

 

という一見プレッシャーとも感じられる強い覚悟と同時に

 

例え結果がでなくても、私は絶対に大丈夫!

 

という絶対的な安心感がある状態でした。

 

この時、私が発見したこと。

 

それは、

 

失敗しても大丈夫だと思える人が成功するんだ

 

ということ。

 

矛盾してますよね^^;

 

でも、

 

失敗しちゃいけない!

 

って考えている時って、どうしても「失敗」に意識が向いちゃうんです。

(ごくたまーに、それでも成功に意識を向けることが出来る人たちがいますがその人達は超人ですw)

 

なので、もしこれを読んでいるあなたが今まさに何か新しいことにチャレンジしようとして恐怖と向き合っているとしたら。

 

オススメなのは、

 

自分にとって一番最悪な結果とはどんな結果なのか?

 

ということを、出来るだけ具体的に想像してみることです。

 

例えば私だったら、「1日2時間で100万円チャレンジ」について考えてた最も最悪な結果は:

 

・1円も稼げない

・周りの人から批判され、見放される

・家賃が払えずに家を追われる

・娘に食べさせるものがなくなる

 

こんな感じでした。

 

そして「最悪な結果」がリスト化されたら、それについて1つ1つ対応策を考えます。

 

・1円も稼げない

→1ヶ月経ってもその状態だった場合、ハローワークへ行って職を探し、早急に娘を保育園に入れて働き始める

 

・周りの人から批判され、見放される

→どんなことがあったとしても、最後まで絶対に自分だけは自分の味方でいる。周りの人たちと一緒に自分を批難しないこと。

 

・家賃が払えずに家を追われる

→両親に相談して、実家に戻らせてもらう。それがダメなら施設へ行く(施設も調べる)。

 

・娘に食べさせるものがなくなる

→友達や家族に正直に状況を説明して、食べ物を分けてもらう。

 

大切なのは

 

「こんな解決策があるなら、最悪大丈夫」

 

と自分が思えることです。

 

その当時の私は経済的に散々な状態でしたが、

 

娘と二人諦めずに生きていれば、必ずどうにかなる

 

と思ってました。

 

だから、

 

すぐに結果をださなくてもいい(=事業で成功しなくても、働きに出るという選択肢があってもいい)。

 

一人で生計を立てていくのが難しかったら周りに頼っても良い。

 

そう自分に許可していくことで、とてもホッとしたし安心できたのを覚えています。

 

そして同時にその時に気づきました。

 

 

これまでの私の不安の多くは「一人で全てやらなきゃ」と思っていたことが原因だったな

 

と。

 

家なんてどこかのお家にころがりこんだっていいし、食べ物なんて誰かに恵んでもらったらいい。

 

そりゃあずっとだったら困るかもしれないけれど。

 

その当時の私がそうだったように、色々な事情があって一人ではどうにもならない時って人生にはあって。

 

その時に「助けて」って素直に言える自分で在りたいな

 

と思ったし、

 

もしも私がこの状況から脱して人に手を差し伸べられるような自分になれたら、もしもの時に大事な人に「助けて」って言ってもらえる自分で在りたいな

 

とも思った。

 

そしてそんな自分になることが、それ以降の私の目標でありモチベーションになりました。

 

なのでまとめると・・・

 

もしも今、あなたがビジネスで成功したいと願っていて、でもなかなか思うように結果がでなかったり、怖くて最初の一歩が踏み出せなかったりしているとしたら。

 

①まずは「最悪な結果」を全てリスト化する

②それについての解決策を1つ1つ考えていく

 

この2つをやることで「安心感」を確保しながら前進することが出来ます。

 

安心感がある時、人はリラックスしています。

 

リラックスしている時、人は宇宙と繋がり直感やインスピレーションに従って行動しやすくなります。

 

軽やかに行動している人は、結果が出やすくなります。

 

まずは、不安な自分をそのままにしておかないこと。

 

それが一番大事です。

 

これから何か新しいことに挑戦しようとしている方の参考になれば嬉しいです(^^)

 

起業について何か質問があればLINE@でいつでもご連絡くださいね。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

真里